« シルバーウイーク | トップページ | 機械おんち »

母と旅行(食事編)

土曜日曜と母と近場にプチ旅行に行って参りました。

母も喜んでくれたし、ゆっくりできてよかったです  

      

しっかし・・・わたし。

一泊二日の旅行で見事、1.5㌔の脂肪をゲットしました~♪

旅行のあれこれの前に何を食べたか振り返ってみましょっと。。。

              

Dscn6906   

19日、お昼。

筑波山神社で参拝した後、男体山の頂上へケーブルカーで上りました。

むか~し、子どもの頃家族で登山をしたんですが、その頃とは全く景色が違っていたと思います。

      

昼は何を食べようかな~とキョロキョロ。。。

あらら?どのお店にも「つくばうどん」ののぼりが立っています。

母と「じゃ、つくばうどんを食べてみましょうよ!」ということで。

のぼりの立っている上のほうのお店に入って「つくばうどん」を注文して見ましたョ。

きっとまちおこしの名物を目指しているんですね。

Dscn6900

 

出てきたのはこれ。

けんちんうどんみたいなおうどん。

麺にはレンコンが練りこんであるそうです。

根野菜や地鶏のつくね、ローズポークなどが入っているそうですが、あっさりした透き通ったお汁でした。

麺は、、、う~ん、うどん屋さんのおうどんをイメージしていたらそうではなく、どっちかというと「すいとん」に近い。

小麦粉を練った、もっちりしたすいとんだと思って食べるとイイかも~。

昔、お祖母ちゃんちで食べたうどんのような家庭的なお味。

結構ボリュームがあってお腹がいっぱいになりました。

       

ところが母。

「ねぇ~、マユミチャン甘いもの食べな~い?」って・・・(笑)

甘いものは別腹だそうで、ご飯を控えても甘いものが食べたいんですって。

「食べて食べて、、、私はいいヮ」、、、と返事をするとなんだか寂しそうにするの。

・・・一緒に食べたいみたいですね。

付き合って食べたいところだけどサ、母と一緒に食べていたら大変なことになるなぁ~と、若干の危機感。

結局母は別のお店でコーヒーを飲んだ後、私も一口食べるという約束でソフトクリームを注文しました。

とっても美味しかったそうです 

        

夕食。

筑波山京成ホテルのコース料理。

【食前酒】 つくばの梅酒
【小 鉢】 里芋そぼろ餡かけ、粒山椒
【御椀替】 土瓶蒸し 松茸、小海老、鱧、銀杏、三葉
【お造り】 盛り合わせ
【煮 物】 帆立冶部煮 湯葉オランダ煮 木の芽、茶笑茄子
【鍋 物】 茸鍋 地場茸、地場野菜、豆腐、地鶏
【台の物】 朴葉焼き 牛ロース、紅葉麩、舞茸、隠元、万能葱
【焼 物】 秋鮭のアンチョビ・カシューナッツ焼き 焼き栗、はじかみ
【酢 肴】 魚貝のカルパッチョ仕立 五穀豆、秋の地場野菜各種
【凌 ぎ】 筑波北条米の茸炊き込み御飯
【香の物】 地場野菜の漬物
【止め椀】 巻麩、三葉
【水菓子】 筑西関城梨、プチケーキ手作りアイス添え

というお品書きで、「こんな一杯食べられないんじゃないかしらね~」と心配でした。

でもね、たとえば

Dscn6926_2 「秋鮭のアンチョビ・カシューナッツ焼き 焼き栗、はじかみ」と書いてある「焼物」なら、こんなかわいい盛り付け(少量)で、ヘルシ~。

どの料理も油控えめでさっぱり。

Dscn6922   

お刺身は一口大で、刺身のつまにもサラダのような一工夫。

マグロの赤身は身が厚くて食べ応えがありました。

Dscn6927

 

これは鍋物。

見た目はあっさりですが、旨みが強くて美味しい鍋。

鶏肉も味が濃くて美味しかった。

Dscn6923_2

朴葉焼き。味噌味。

お肉は常陸牛で、しっかりした噛みごたえで旨みがありました。

これ、お肉は刺身一切れくらいのサイズです。

わたしオレンジ色の生麩、気に入りました。

お肉のうまみを吸ったモチモチとしたお餅のような美味しさ。

アツアツでした。

Dscn6921_2

みんな一口サイズ。

丁寧なお仕事をしたお料理で、楽しくって美味しくって、量もちょうどでしたよ。

女性には最高かも~。

(昼にうどんとソフトクリームを完食した母はお腹がパンパンになっちゃったそうです…笑) 

    

        

朝。

朝食も特に期待しないでレストランに・・・。

和食膳が用意されていたので、『あ~、パンとスクランブルエッグとコーヒーがよかったのにぃ~』、、とちょっとがっかり。

でも・・・。

Dscn6928納豆、薄揚げで野菜を巻いた煮物、湯豆腐、シジミのみそ汁、シラスおろし、のり、などなど当たり前の朝食でしたが、箸をつけたらすごくおいしくて・・・。

とくにサラダのドレッシングは玉ねぎのすりおろしのたっぷり入った手作りで、とても気に入りました。

母は納豆がとても美味しいと言っていました。

聞いたら「やさと」で作っている納豆だそうで、評判がいいんですって。

挽きたての濃いコーヒーもサービスで置いてあって、これもたっぷりいただきました。

朝食でしかも少量なのにすごく丁寧なお料理に大満足でした。

       

            

母が昨日の「つくばうどん」いまいちだったようで(そりゃ、山の上の土産屋さんのメニューだもの、あれはあれで上出来なすいとんだと思わなきゃね)、お昼は美味しいもの食べようよ~って。

んじゃ、、、ということで「牛久大仏」を拝観した後に「牛久シャトー」に行って、食事をすることにしました。

     

連休でかなりの人出、しかも一時を回っていたせいか、いつも行くビアレストランオエノンは満席。

「50分待ち」と言われちゃった。

ではではと、「富貴洞」という和食レストランに行ってみました。

こちらも満席でしたが少し待てば座れるということでラッキー!

(私たちの後に入って来たお客さんは「4,50分待ちになります」と言われてました。。。)

しかも一日30食限定の季節のお弁当も注文できて、ダブルラッキー!

Dscn6946

ここのお料理も美味しかった。

里芋の煮物も美味しいし、一口サイズの小さい昆布巻きの中にも炊いたニシンが入っていて驚きました。

えのきたけやエビの天ぷらも繊細でカリッと揚がっていて、美味しいこと。

オクラ天ぷらも小指の先くらいの小さいサイズのオクラで珍しかったです。

すごく思ったのですが、こうして手を抜かない心のこもった丁寧なお料理を出すところしかきっと生き残れない時代なんですね。

      

母と「食べ物を美味しくいただけるって幸せなことよね~」としみじみ。

母は75だそうですが体操教室の講師も務めるほどの若さで、見た目は60ちょっとくらいにしかみえない。

「今度教室で自分の年と病気のこと話してみようかな・・・」と言っていました。

私も母から勇気をもらっているから、そうね、いろいろな方に希望を持ってもらえるかも知れません。

お互い頑張ろうね~なんて、同世代のような会話です。

     

1.5キロの脂肪はゲットしましたが、また今日からの野菜中心食で、地道に元に戻していきましょっと。。

« シルバーウイーク | トップページ | 機械おんち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母と旅行(食事編):

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

« シルバーウイーク | トップページ | 機械おんち »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

韓国の旅

守谷の自慢

食べ物あれこれ