趣味

漫画好きの幸福

知人のお嬢さんは漫画家。

以前「鋼の錬金術師」のアシスタントをされていた方で、そのあと独立されてご自身のアニメがテレビで放映されたこともある実力派。

ご本人に了解を得ていないので名前は言いませんが、うちのお子ちゃまたちは二人ともマンが大好き、そのお嬢さんのペンネームを良~く知っていました。

知人の娘さんだョ、と言ったら、二人とも「すご~い!」と感嘆!   

     

004_2  

で最近、新しい連載がスタートしました。

そのお母様が娘さんの新連載の漫画の掲載された雑誌を見せてくださったので、お願いして娘と息子に借りてきたの note 

    

005  

さっそく子どもたちに読んでもらいました。

「感想聞かせてネ、、、ってお母さんに言われているから、漫画家の先生にあなたたちの感想が伝わるョ」って言ったら、なんか、照れ臭そうでしたけど・・・。 

うちの子たち、すんごい喜んで一気に読んでいました。

     

面白かったのが、私と息子、娘の漫画の読みとり方がそれぞれ微妙に違っていて、私が一番漫画の読み方がヘタだってことがわかったこと。

娘と息子は、たった一言のセリフからたくさんの情報を読み取って理解しているのね。

     

二人が「ああだ、こうだ」と今後の展開を想像しているのをきいて、

「えぇつ???マントをかぶった浮浪者みたいなのが王子だって、そんなことどこに説明があった?」

と聞いたら、

「お母さん、普段漫画読まないから、読み方知らないねぇ」

と笑われました。

     

娘が

「受験で漫画断ちしているのに、次が読みたくなっちゃうsweat01 単行本が出たら買おう」と言っていました。

     

さっそくお母様にうちの子たちの盛り上がりを伝えたら、

「ありがと~うheart01

って喜んでいらっしゃいました。

    

サイン頼んじゃった!

     

お母様としては今回の連載に残酷なシーンが出てくるのに驚いて

「おまえ、こういうの描くんだ」

とお嬢さんに聞いたそうで、

「これからはこれで行くから!」

って返事が返ってきたって。。。

      

舞台は中世のヨーロッパ。

時の権力者が当時、本当に残酷なことをしていたのは事実だからねぇ。。。

それにしてもそういう勉強をたくさんして、漫画ってストーリーを作っていくんですね。

      

頑張っている方々が身近にたくさんいるので、なんだか、励まされちゃうな!        

       

note

ラークさんの工房

昨日はリカレントのカズエさん、ヒロコさんと一緒に「ちょっと田舎の散歩道」のラ~クさんの工房にお邪魔しました。

心に描くイメージを表現されるお仕事をされているラ~クさん。Dscn9908

工房はお洒落で素敵な空間です。

昨日はパソコンで描く絵の描き方を簡単にレクチャーしていただきました。

ラ~クさんの、この温かで柔らかな質感のある画調は、なんと何年もかかって試行錯誤をされて編み出された画風だそう。

昨日も遠方から、絵を習いたいと来ている方がいらっしゃいましたョ。

インターネットは距離が関係ないんですね。。。

     

Dscn9916

ラ~クさんの工房で素敵なストラップを発見。

実は携帯につけるストラップがほしかったのですが、イメージにぴったりのものが。。。      

最近、わたし、「天使」に注目しているのですが、やわらかな色合いの可愛い女の子の天使のストラップです。

Dscn9917

携帯電話の色を白にしたのも、なんとなく天使のイメージだったので。

さっそくつけてみたのですが、

ね、

とっても似合うでしょnote

    

ところで、わたし、携帯電話には鈴が必需品。

時々うっかり落とすので、鈴の音は紛失防止にもなります。

バックの中に入れても、リンリンなるので、『携帯忘れていないな・・・』という確認にもなります。

便利ですよ。  

        

デコパージュ教室

昨日月曜日は、みずき野へ。

先週皆で話が盛り上がってフサコ先生のうちにお邪魔することになったのです。

     run

守谷小学校で放課後子供教室の工作の指導をしてくださっているフサコ先生はご自宅で「デコパージュ教室」を開いているんですね。

守谷小の教室では、毎週のようにテーマ型の工作指導をしているんですが、指導してくださるフサコ先生のアイディアは無限で、目の前にある段ボールや紙のひも、果物の梱包材などで、ありとあらゆる素敵なものを作ってしまうのですよ。

もちろんちゃんとした材料で工作もしますが、子供たちにとっては家にあるような材料で作れるお洒落な工作がほんと面白いみたいです。

お財布(予算)を預かる私もありがたい(人数が多いので)。

   *****    

Dscn0533

フサコ先生のお宅の玄関。

楽しい~。

      

       

Dscn0544 10時に皆が集まりました。

皆が一生懸命選んでいるのは・・・      

       

Dscn0547_2 Dscn0549_2 

石とビーズ。

      

Dscn0551 こちらのビーズは昨夜、フサコ先生が作ったものだそうです。

なんとか粘土を焼いて作ったそうな。

(聞いたのですが忘れました・・・)

Dscn0546

教えてくださる首飾りがこちら。

ステキ~note

細い革のような紐数本で石を包み込み、ネックレスに仕上げていきます。

材料費込みで、教室料金が1500円だとおっしゃっていました。

主婦には嬉しい!

   

うちのスタッフ、午後からはみな仕事なので必死。

昼までに(作業時間は一時間弱だったのではないかな?)ネックレスを完成させたのは、若干一名でした。。。

    *****

Dscn0536 玄関に飾ってある作品があまり素敵なので、写真を撮らせていただきました。

木を彫りこんだような作品に見えるのですが・・・・

Dscn0534 これが「デコパージュ」だそう。

絵葉書など同じもの数枚を組み合わせて作りこむんだそうです。

味わい深い素敵なものですね。

Dscn0540_3 

Dscn0538_4

生徒さんは口コミで増えているそう。

気軽に素敵なものを教えていただけるのがいいですね。。。

工作道具

わが放課後子ども教室で、いつも使っている、優れもの。。。

母の日カードやハロウインカード、あれやこれやと大活躍のツールです。

あちこち現場を見て歩く作業で、子供たちの工作に付き添えない私は、『これで母にカードを作ったら喜ぶだろうな~』とチョッピリ羨ましく思っていて、ついに買ってしまいました。

Dscn9981

これ、何というのでしょう。

早く言えば、穴あけパンチの図柄バージョン。

Dscn9982 こんな感じで使います。

画用紙を半分にして、中央辺りに切り込みをいれ、内側に織り込むとカードを開けたとき、メッセージが飛び出てくるんですね。

Dscn9983 これはカードに直接星型の穴を抜き、折り紙を裏当てした飾り。   

    

Dscn9984 こちらは折り紙を犬型のパンチで抜き、抜いたものをカードに貼り付けてみました。    

       

Dscn9987どれも小さくて繊細でかわいい。

ワカメちゃんみたいな人型もあって、なんだか楽しい~。

    

さて、買ったはいいケド、何をつくろうか。。。

リラクゼーション三つ

☆3月9日(日)

今日は町内会の会議の日。

次年度からの新事業や総会に向けての下準備などで、昨日は一日そこにかかりきりになりました。

そういう時は気になっていることを全部紙に書き出して、項目や手をつける順番で分けて、整理しちゃえば楽です。

何ができていて何ができていないか、目に見える形にするのが、一番いいですね。

昼からの会議に備えて、これから今日の資料を印刷します。

    *****

で・・・

    

こういうときこそ、煮詰まったら身体が持たない。

昨日はなるべく気分良く過ごそうと、好きなことを三つ、自分にご褒美です。

       

Dscn0168 これはねロックシティのカルディで買ってきたクッキー。

チョコレートのコーティングがしっとり厚くて、とっても甘いクッキーですが、この甘さが美味しくて美味しくて。

チョコレートたっぷりのケーキを凝縮したようなソフトクッキー。

昼食後、ご飯をしっかり食べた後、一枚食べて足りなくて、もう一枚。

大満足です!(普通だったら一枚で我慢をしたのでしょうけど・・・)。

      

二つ目はお風呂の時間。

Dscn0167 洗濯機の上にCDプレーヤーを置いて、徳永英明の「ヴォーカリスト 2」を聴きました。

これは発売したときに、即、『素敵!』と思って購入したもので、最近発売された「ヴォーカリスト 3」の売れ行きもいいみたいですね。

昨日聴きながら思ったんだけど、このセレクションは、中島みゆきとか竹内まりやとか荒井由美とか、私たちの年代にはすごく懐かしくて心に響く曲ばかりで、お風呂でぼ~っと聴いていると、青春時代の『せつなさ』とかが蘇るのねぇ~。

うわ~、それに比べ、今の私はかなりサバサバしてる。

年の功なのか、昔に比べたら断然に生き易い人生観を手に入れたと思いました。。。

     *****

三つ目。

香りのリラクゼーションです。

Dscn0164 これは一月に母と出かけた、牧の原ヒーリングスパで買ってきたお香。

インド製らしく、パッケージには「citronella (シトロネーラ)」「sandalwood (白檀)」と書いてあります。

250円というリーズナブルなお値段ですが、7つ入っていて、香りはすごくいい。

どこでも売っているのかなぁ?・・・私には情報がなくてよくわからないのですが、ジョイフルやジャスコでは同じようなものがなかったヮ。

また行ったら、買ってきましょ。     

Dscn0166 この三角ひとつが灰になるまで10分とか15分くらいだと思うのですが、とってもいい気分になりました。

      

さ~て、今日もがんばりましょ。     

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

韓国の旅

守谷の自慢

食べ物あれこれ