モンゴル関連

幸せ~♡

昨日久々に友人のメグちゃんに会いました。    

待望の赤ちゃんが生まれて一年です。

もう少しで一歳一カ月ですが、しっかり歩いてるし、人の話も注意して聞こうとするし、好奇心旺盛でしぐさも面白いし、私のそばに寄り添ってきて笑顔で自分の頭をコンコンって優しくぶつけてきて親愛の表現をするの。

周りの方々に愛情いっぱい注がれているのがわかるヮ。

Dscn2148    

もうサ、赤ちゃんがいる場の幸せ感って、なんとも言えないですね~heart04

心から癒されました。

          

Dscn2140    

友人が自分と坊やのために買った遅お昼のおにぎり。

坊やがね、ご飯大好きなんだって。

ほとんど一人でチビチャンが二個、ぺろりと食べていた。

いや~、見ていて爽快!爽快!

    happy01

 

友人のメグちゃん、

日本にいるのは三月までで、4月になったらモンゴルに帰るそう。。。

     

ずっと日本にいるもんだと思っていたのに、・・・寂しいな。。。

坊やも自分の甥っ子のように感じるのよね。

     

でもね、私は頑張ってモンゴルに遊びに行くぞ!

あと5年たったら、きっと遊びに行く。

     

メグも「日本との縁は一生切れないと思う」と言っていたから、お互い気楽に行ったり来たりしましょうね~note

 

モンゴルの友人

土曜日は二年ぶりに友人に会いました。

モンゴル人の彼女とは10年前、日本で出会いました。

モンゴルに日本語図書館を作る時、ついうっかり支援の会の代表になってしまい必死でお手伝いをしたご縁なんですが、小さな子供のいるなんにもわからない主婦だった私が、そのボランティアを通して様々なことを学ばせていただきました。

彼女との出会いは人生の大きなターニングポイントだったことは間違いない、うん。

    

モンゴルにも連れてってもらったっけ。

草原で木の鞍の馬に乗った時は、馬をコントロールできずに馬が暴走しちゃって、、、あの時はたまげた。。。死ぬかと思った。

若くて怖いもの知らずだったから平気で乗れない馬に乗って、モンゴルの草原をトラッキングするなんて暴挙に出た私。

放牧している野牛の群れの中に分け入ったりして(白状すれば、モンゴルの青年が私の馬の綱を引いてくれてたんだけど・・・)衝撃だった。

なだらかに連なる山の上に馬で登って、平原を見下ろしたあの荘厳な景色は一生忘れない。

視界には大平原に大きく蛇行する川、放牧している動物の群れや、点在するゲル。

若くてものを知らない、あの時の私にしかできないことでした。

2001年の9月11日は一緒にモンゴルにいたんですが、草原のゲルからウランバートルのフラワーホテルに戻ってテレビをつけたら、なんとビルの崩壊の場面が延々と映し出されていて。。。

あのときは日本に帰れないんじゃないかと思いました。

彼女との思い出は強烈で鮮明でキラキラした思い出ばかり。

なつかしいな~。

     

そうそう、5年前はモンゴルにいるはずの彼女から突然、「いま、つくばにいるの~」と電話をもらって、飛び上るほど驚いたっけ。。。

二年間、筑波大で学校経営の勉強をしていたんですが、リカレントにも加わって、一緒に楽しく活動をしたっけなぁ。

Dscn9920 その後筑波大の大学院を卒業して、モンゴルに帰っていたんですが・・・。

なんと待望の赤ちゃんができ、日本で出産することにしたんですって。

 モンゴルと日本という隔たりもなんのその、彼女とは強い強いご縁があるようです。

            

久々にお会いした、寡黙な青年だと思っていた旦那ちゃま。

日本語がすごくうまくなっていて、流ちょうな日本語で繰り出される楽しい会話に、『ああ、こんなに面白い人だったんだ』と大笑いでした。    

  

      

  

    

メグちゃんの帰国

☆3月16日(日)

筑波大の大学院で研究を終えたメグが三月の末にモンゴルに帰ります。

      

モンゴルに日本語の図書館をつくりたいという夢を持って来日したメグに、ひょんなことから協力することになった出会いから9年。

日本とモンゴルすごく離れているのに、この間、いろいろ一緒に何かをすることが多かった友人です。

ご縁なんですね~。

Dscn0194

リカレント☆ねっとに皆に会いにいく前に、二人でココスでご飯を食べました。

デザートが運ばれてきたので、記念撮影♪

(食事の写真はとり忘れました)

Dscn0195

これは私が頼んだ、白玉クリームぜんざい。

私は餡子がだ~~~い好き!

       

Dscn0196 これが修士論文。

メグは日本の学校の職員室の研究をしたそうです。

この白黒の写真は、モンゴルの教員室。

日本と違って、個々の教員の机などはないそうです。

皆が自分の空いた時間にちょっと休憩するためのサロンのような部屋ですね。

                 

Dscn0207 事務所で。

メグちゃんの門出を祝って、皆が集まりました。

メグが2月11日に行ったという、筑波山神社のお祭りの話をしたのですが、おかしかった。

モンゴルの力士が高価な景品の商品名を書いたボールを撒いていたそうなのですが、モンゴル語で「ナターシャ!!!」と叫んで、自分のいる方向に投げてくれるように声を掛けたのですって(日本語で、「こっち!こっち!」という意味なんですって)

モンゴルの力士はすぐわかって、メグのいる方にボールを投げてくれたそうなのですが、周りの人たちも「ナターシャ」と叫び始めたので、皆がしゃべれなさそうなもっと長い言葉に変えた、、、なんて。

皆で大笑いでした。

(ナターシャという発音じゃないかも。言葉が間違っていたらごめんなさい)

 Dscn0203_2 

      

       

Dscn0205 この日、11月18日に開催した「守谷市探検うきうきマップ」のマップ&写真集も完成しました。      

もうちょっと訂正して、皆さんにお配りする予定です。

            

   

モンゴルの思い出

☆12月6日(木)

今日は「紙・布」の収集日。一階和室の片隅につみあがっていた雑誌関係をまとめて出しました。

Dscn0495 その雑誌の中に、昔、自分が編集した「モンゴル見聞録」が掲載されているものが数冊ありました。

『これは記念に取っておこっと。。。』

         *

モンゴルに行ったのは2001年。アメリカの同時多発テロ、「9.11」の年です。

大草原のゲルに3日間滞在して、ウランバートルのフラワーホテルに戻ってきてテレビをつけたら、ビルに飛行機が突っ込む映像が繰り返し繰り返し映し出されていて、私たちは皆、慌てふためいた。

日本に帰れないかと思いましたよ~(大丈夫でしたけど・・・)。

考えてみるとわたしはいろいろなところに行ったなぁ。

全部写真と共に、見聞きしたこと、感じたことを書いて残しておくんでした。

     -*-

三年位前に、リカレントの仲間だけに送っていた「ぽかぽかコラム」というのがありました。

それはね、手術後、家で大人しくしているときに、それまで毎日のように人に会っていたものだから、家で一人で時間を過ごすのに、仲間に思ったことをつづって、読んでもらっていた文章です。

当時書いたものの中に、モンゴルのことを書いたものがありました。

なんだか懐かしい。

自らの記録の為に、ちょっとここに写しておきます。

          **********

○モンゴル
三年前、モンゴルに行った。
異国情緒満点だった。
      
こちらとはまったく別の時間が流れている。
うまく表現できないが、
せつない夢の中にいるような、不思議な感じのする国だ。
           
ウランバートルの大通り。
メインストリートにあるバス停
そこに並んでいる人たちが、いまのモンゴルを象徴しているかのようだ。
      
日本の都会にいるような、美しく華やかな女性たち。
埃だらけの民族衣装を着た遊牧民の男。
ボロボロの服をまとった若者・・・。
バス停の一角で、みな、同じ空間を共有している。
      
とっても不思議な光景だった。
     
       *    
     
草原ではゲルに滞在しながら、様々な体験をした。
            
初日は目の前で羊を殺して、もてなされた。
最高の歓迎である。
              
向こうから紐にひかれて歩いてくる羊。
私達の目の前で仰向けにされて、首を切られた。
観念したように、静かに横になった羊に、
「命」を供出する、尊厳を感じた。
         
       *  
              
大草原では木の鞍をつけたモンゴルの馬に乗った。
途中アクシデントに見舞われ、「もうだめだ」と思う瞬間もあった。
            
馬のコントロールひとつできない私が、一人で馬に乗って手綱を握らされていたのだが、
あるアクシデントがおき、目の前を全力で疾走していく馬を見て、
興奮した私の馬がハァハァ言って、その場で足踏みをはじめたのである。
「こいつも走ろうとしている・・」と直感した。
助けてくれるべき人は馬に蹴られて目の前で倒れている。
              
すべきことはただひとつ。
馬との気合の勝負である。
             
全身の力をこめて手綱をひき、
『おまえ、一歩も動くんじゃないぞ』という念を馬にガンガンおくった。
               
結果として私は、馬との気合の勝負に勝った(ブラボー!!)。
あんな経験はもう二度とごめんである。
                
岩だらけの草原に振り落とされたら大怪我間違いなし、だった。
               
       *      
              
モンゴル文化教育大学のソイルト学長とお話したとき、
「日本人は平和ボケだ」
といわれた。
                 
10歳くらい上だと思った彼の歳は、なんと私と同じ。
父親が政治犯でつかまって処刑されるなど、信じられない体験をされていた。
今でも絶対に一人で外を出歩くことはしないという。
                 
モンゴルは12,3年前に社会主義から民主主義社会に変わった。
それまではちょっと力のある人間が出てくると、国につかまって殺されていたそうである。
(ソイルト氏が言っていた)。
               
       *           
                    
私のモンゴルの印象が、
せつなさの漂う、「夢の途中」だったわけがわかった。
            
そこここの大きなビルなどの建物、そして社会に漂うものが、中途半端なのである。
志しなかばに倒れた、若者達の夢の残骸なのかなぁ。
              
      *         
                   
これからのモンゴルはきっと変わるはずだ。
                        
将来的にモンゴルの教育に携わることになるであろうメグちゃんには、
夢の実現に向けて頑張ってほしいなと思った。
             
                                      (ぽかぽかコラム16  2004年9月1日 )
      ************
    
最後に出てくるメグちゃんは私の友人だ(いま、筑波大学の大学院に留学生で来ています)。
             
モンゴル旅行はホント、刺激的でした。
      
もう二度とあんな素晴らしい経験は出来ないだろうな。
       
ところで。       
            
ぽかぽかコラムは、けっこう長く書いていたけれど、インターネットに載せるには差し障りがあるものが多い。
         
実名、個人的な本音などなど、立場、考えがはっきり出ているからねぇ。
         
読んでると面白いけど、人に迷惑がかかるだろうなぁと・・・(笑)。
     
     
Dscn0493 ※モンゴルの子供たちが書いた「私のモンゴル」というタイトルの絵です。
      
草原の昔ながらの住居「ゲル」と、都市に建設中のビルがおなじ空間に書かれていたり、馬や羊を草原で飼っている絵が描かれています。
         
Dscn0494
           
      
モンゴルならではの絵です。
       
             

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

韓国の旅

守谷の自慢

食べ物あれこれ