筑波山

筑波山京成ホテル

☆1月4日(金)

筑波山からロープーウェーでつつじヶ丘駅に戻ってくると、そこは土産物屋さんです。

ボーっとしながら、しばし店の中を見て歩きました。

ここでは秋田名物、「稲庭うどん」が売っているんですね。 本場秋田から仕入れているみたいですよ。

私といえば、たぶん疲れてしまったのでしょうね、 美味しそうなお饅頭ばかりが目に付きました。

      

ホテルには三時にチェックインする予定だったので、時間的にはバッチリ!

ロープーウェー乗り場すぐそばの、この日宿泊予定の「筑波山京成ホテル」に行きました。

Dscn0684 お部屋はすごく綺麗。  快適です。

二三人で泊まるには、ちょうど落ち着く大きさ。

このお部屋は、窓側一面がすごく大きな窓になっていて、(写真だと小さく見えますが、実際はけっこうな広さに感じました)、外の景色が素晴らしかった。

視界をさえぎるものが目の前に何もないので、山の下の街の様子が一面見渡せて、すごく気分がいい眺めでした。

               

娘さんはお昼、あんなに食べたと言うのに、すっかりお腹が空いてしまったのですって。

夕食を待ちきれずに、おせんべいをポリポリ、、、と食べていました。

若者は運動すると、お腹がすくんですね。

       

一時間ほど休んでお風呂。

お風呂は朝6時から夜11時まで。

女性用のお風呂は5人も入れば満員の、とても狭いお風呂でした・・・。

朝は広い方のお風呂が、女性用に入れ替わるそうです(広い方のお風呂は結局入りませんでした)。

      

この日の夕食。。。

フロント横の大きなレストランスペースに宿泊客皆が集まって食べる形式で、料理の乗った大きなテーブルがたくさん並んでいました。

仲居さんが二人で忙しそうに食事の世話をしており、お客さんの割にはスタッフの数が少ないなと思いましたが、笑顔で機敏に動いていらっしゃってサービスは万全でしたよ。

     

いつも夕食は控えめにしている私。

それじゃなくてもお正月はお肉が付き気味で、すでに一キロ増。

でもそんなの関係ない!

献立のメニューは、もう、食べきれないほど。

お刺身や煮物、寄せ鍋、地鶏を焼いたもの、大きな車海老の洋風のグリルのようなもの、きのこの釜飯などなど・・・。

好みではない、生春巻きのカルパッチョなどは残してしまいましたが、でもほとんど残さず食べました。

デザートにフルーツと一緒に出てきたアイスも甘くなくて美味しかった。豆乳の抹茶アイスだったと思います。

あっという間の時間に感じましたが、食事が終わったのが、一時間後。

テーブルに乗った固形燃料で仕上げる寄せ鍋やきのこ釜飯などのお料理が、時間差で出来ていくのも面白かったです。

       

Dscn0688 さ~て、お部屋に戻ると外は素晴らしい夜景でした。

部屋の電気を消して、窓の障子を全部開け放つと、目の前一面に宝石のような輝きが・・・。

なんだか体を空中に浮かべてキラキラ光る下界を見ているような錯覚に陥りました。      

娘と一緒にデジカメや携帯で写真を撮ってみたけれど、肉眼で見る素晴らしさはなかなか写真では撮れませんね~。

夜景の美しさは7時~8時ごろが一番だったような気がする。 

あまり遅くなるとお店なんかは電気を落としてしまうのでしょう。いろいろな店や家々が息づいている、夜の早い時間が一番美しいのでしょうね、きっと。 

     

夜は布団に寝転がり、娘のことをからかいながらテレビを見て大笑い。

さんまさんの「あんたの夢かなえたろかスペシャル」でしたっけ、あれは夢の内容が問題なんじゃないね、その人がその夢にどれだけの思いを持っているかどうかに感動するんだね。

福島の二瓶さんの天然には涙が出るほど笑ってしまいました。

そして思いました・・・『父にダブるなぁ~』と・・・。

うちの父も秋田出身で、かなりの天然だった。

晩年はなんだか神様みたいに大きな人だなとしみじみ思ったけど、ホント変なことばかりする父で、父を見て涙が出るほど笑うことがよくあった。

テレビを見ているうち、泣いているんだか笑っているんだか、わからなくなりました。。。 

       

さて、ところが、ところが・・・。

夜中、お腹が痛くて起きてしまいました。

あんまり食べ過ぎてのどが渇き、水分もたくさん取ったので(浮腫んだのかな?)、肉布団を着込んだような体感です。

朝目覚めると、腰は痛いは、お腹は痛いは、熱っぽいはで、『やば~~~』と思う。

昨日山登りしたときに汗が冷えて急に寒くなったことや、夜ついつい食べ過ぎたこと、冷たいものを飲みすぎたことなどが、頭をよぎり、『ああ、そんなことが体に響くようになってしまったか・・・』とちょっぴし後悔。。。

      

運転して帰るのもシンドそうだなぁ・・・と思いながら、部屋のポットで温かいコーヒーを入れてのみ(パックのカフェオレを持って行ったの)、部屋で一時間くらいゆっくりしていたら、すっかり元気になりました。

朝ごはんも美味しくいただけました(笑)”!

その時間だけで、たぶん体力が回復したのでしょうね。  やっぱ、まだまだ大丈夫だ!

イェ~~イ!

       

Dscn0693この日は牛久大仏によって家に帰りましたが、娘と二人、いい時間が過ごせました。

私にとって娘は自分と重なるところがある。  

ビッタリ娘と行動をともにしているといろいろ思います。自分が娘の年のころを思い出したり、これからの娘の成長を頼もしく感じたりする。

口では改めて言いにくいけど、伝えたい想いを伝える瞬間もある。  

昨年体調が悪かったとき、時間の許す限り娘との時間を作ると決めたので、しばらくは(娘が喜んでついて来てくれるうちは)、この二人旅行、続けて行きたいなと思っています。

※最後に・・・
ホテルの宿泊料金は、お正月の4日だというのに一人1万500円の格安でした。お部屋もお料理も大満足~!    

筑波登山

☆1月5日(土)

筑波登山、記憶では小学校のとき、家族で一度登ったっきり。

そうねぇ、ざっと軽く見積もっても三十年以上前だ。

そんなに大変だったという思い出はないから、筑波山を登るのをとても軽く考えていたわたしでした。

     *****

美味しいご飯をたっぷり食べて、車に乗って筑波山にいざ、出発です。

 Dscn0662

考えてみたら、筑波山には神社があるのョね。

お正月で参拝する方が多いらしく、お昼時だと言うのに山道はかなりの渋滞でした。    

Dscn0664 途中はとっても素晴らしい景色。

「わあ~」と思わず、感嘆!

      

Dscn0666 神社を抜けて、スカイラインに入ってからは道がガラガラだったので、

あっという間に「つつじヶ丘駅」に着きましたよ。

ここは入るときに駐車券をもらうの。

確か20分か30分までは無料だったけど、数時間いると数百円取られるようでした。

(私たちが泊まった「筑波山京成ホテル」はこの駐車場の上にあるので、ホテル宿泊客は駐車料金は無料です)

    

さっそく娘と二人、駐車場に車をとめて筑波山を歩いて登ることにしました。

お土産屋さんの上の、小さな古い遊園地跡の登山口から出発。  Dscn0668

           

登り口のガマのところで、ちょうど一時6分でした。

女体山の頂上までは一時間から一時間半だと言うので、張り切って出かけました。  

うちの娘さんは、なんとなく低いテンション。 

本人曰く、普段運動をしていないので、自慢じゃないが、体力に自信はないのだそうだ。  

この時点では、「絶対娘には勝つ!」とか~るく、思っていたわけよ。。。     

Dscn0669 つい娘をね、調子付けるために、「お母さんに勝ったら、1000円上げるョ」って、言ったら、

・・・娘がムキになった。

なんだか黙々と私の前を歩いていく。

このくらいの山道は序の口(・・・の、はずだったのだけど)。

それでもね、実際に登ってみたら足が上がらないのよ!

思いっきり足を上げて、次の階段にやっとのことで引っかかると言う感じ。。。

・・・すぐにくたびれた。

Dscn0671     

娘は高所恐怖症のクセに、闘志満々。

けっこう険しい山道を、淡々と登って行きます。

(登りは始めは「こわ~い」と言って、手をつないできたのに・・・笑)。

     

でもね、筑波登山、馬鹿に出来ませんよ~。

私何度も、脚がもつれて、大きな岩を踏み外しそうになったもの。

落ちたら怪我しちゃうのでものすごく真剣なんだけど、体がついてかないの。

頭と体が分離する感覚、わかる?

あの、夢でお化けに追いかけられて必死に逃げるのだけど、全然走れないあの感覚。

あんな感じよ~。

     

娘に何度も、「あんた幼稚園のとき、筑波登山したよね。全員が登頂したと言っていたけど、ほんとにこんなところ登ったの???!!!!」

「記憶はないけど、たぶんね・・・」

「足上がったの???」

「上がったんじゃないのぉ・・・」

「すごいもんだねぇ・・・」

   

何度もくじけそうになった私は、『幼稚園児だって登ったんだから・・・』と、何度も思いました。

しかし、10年前のF幼稚園の先生方、子供たちの引率、本当にご苦労様でした。

今になってその大変さを噛み締めて、改めて感謝した次第です。

Dscn0677      

先に女体山頂上に到着した、勝利者の記念写真です。

ずいぶんムッとしているね、、、と声を掛けたら、「疲れたの!」ですって。

     

・・・ま、母としては「よく頑張った」とほめてあげたい。

     

Dscn0673 母の写真も撮って、、と頼んだら、

ちょっとの高低差をヘロヘロになってやっとのことで登る後姿を撮られました。

・・・上半身は超元気なのですが、腰から下が意に反して体力の限界中・・・(笑)。

       

そうそう、山を登っていたらすごく熱くなって上着は脱いじゃいました。

この寒い山頂で着ている服は軽装、上は計二枚だけです。

このあと、即、体が冷えて、強烈に寒くなりました。

(あまり若さを過信するモンじゃありませんネ。・・・このあと風邪を引きかけましたから・・・)

               

Dscn0680    

女体山の下をちょっと下るとロープーウェーの乗り場です。

      

Dscn0678ちょっと水分を補給して、記念写真。

向こうに見えるのが男体山だと思う。

ここで時計を見たら2時20分すぎくらいでした。

一時間以上かかって、やっとここまで来たと言うわけですね。

     

帰りは、もちろんロープーウェー。

この時点ですでに、足がもつれて、・・・うまく歩けないし  (危険、危険・・)。

料金は二人で片道1200円でした。

    

登りは一時間、くだりはロープーウェーでたった5分ほど。

ああ、ホントいい経験になりました。

(疲れました!!!)

大盛りの食堂

☆1月5日(土)

昨日と今日、娘と二人、筑波山への一泊旅行に行きました。

旅行と言っても一時間もあればついてしまう場所なんですけどね・・・。

         

昨日は10時ごろ家を出たのですが、

筑波山に登ることを計画していたのでその前にご飯を食べようと・・・、

Dscn0657 ワンワン動物園近くの、筑波山ふもとの「福水」という、和風レストランに入ってみました。 

もちろん、昼になったので入ったと言う、行き当たりばったりです。     

お店の中からは筑波山が綺麗に見えます。

道がすいていれば、たぶん、ここから20分もあれば筑波山のつつじヶ丘駅(ロープーウェー乗り場)についちゃいます。

Dscn0655何か昔の食堂っぽくて懐かしい雰囲気なんだけど、お店がよく手入れされていて活気がある。

たくさんの手書きのメニューが、なんだかすごいいい感じ。

一生懸命書かれた、心のこもった品書きだけで美味しそうな感じがする。

モツ煮込みとか、中華丼とか、ラーメンとか、カツ丼とか、ありとあらゆる人気メニューがあって、私はハンバーグ定食、娘はから揚げ定食に決めました。

Dscn0658 でね、出てきてビックリ!

この大きなハンバーグたっぷりな大きさがあって、ご飯に、ポテトサラダとおしんこ、味噌汁がついて。。。

600円なんですよ!

これだけで「あらぁ~~~」なんて思っていたのに、娘が頼んだから揚げ定食を見て、、、

Dscn0661 またさらにビックリ!

から揚げが、山盛りなの。  

これで700円なんて!

・・・夜はホテルのご飯があるから昼は軽く済まそうね、、、なんて言ってたのに、こりゃエライこった!

Dscn0656 娘と二人で、ただ笑うしかなかったです。

でもね、美味しくってね、

ハンバーグとポテトサラダと、から揚げだけは二人で交換コして頑張って食べました。

ご飯は二人とも半分残した。(ごめんなさい・・・)      

すっごく美味しくて満足、お店の方の心のこもったお昼ご飯だったのですが、

店から出た二人の感想が  「ああ! 頑張ったねぇ~」  でした(笑)。

         ♪

筑波山に行ったときは皆さんもぜひ、お試しあれ。

二人でたったの1300円。

一人前の料金で、たっぷり三人前のご飯が食べられますよ~。

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

韓国の旅

守谷の自慢

食べ物あれこれ